Monday, October 04, 2004

書類の山

身体もほぼ戻ったので徐々に仕事に復帰、合間に机の上の整理をしていた。

先週ヒャッキンでA4のジッパーファイルやクリアーファイル、ボックスをしこたま買ってきてあった。
やっと片付けられるわい。

しかし書類の多いこと。私の物持ちがよすぎるのもあるのだが。
仕事柄文書はパソコンで作るので全部中にあるが、紙に出して一覧性を上げないと作業効率はすこぶる悪い。
文書の修正はパソコンと紙で同時にやらないと混乱が増す。
修正が度重なると紙に出し直し、そうして書類のゴミはたまっていく。

ペーパーレスには程遠い。

ヒャッキンは楽しいなあ。
取っ手が付いて、なおかつ積み上げられるCDボックスも買った。
あれを使えばだいぶきれいになるぞ。

| | Comments (0)

Saturday, October 02, 2004

ひたすら寝よう

とうとう体調を壊してしまった。

今日の朝はいつになく寝床を抜け出しにくく、なんとか起きると吐き気と腹痛を催した。
頭もなんとなくだるい。

私はありがたいことに体は丈夫で風邪で寝込むのも数年に1度しかない。
頭痛とか肩こりとかとは無縁の生活をしている。
ゆえにこういう症状は、ちょっと異常事態だ。

4年前にもなったことがあり、医者からは過労とストレスだと言われた。
仕事も忙しく、いろいろ気を使っていた時期だったので大いに納得、それから体のことを考えるようになり、転職へとつながっていった。
(転職理由はもっといろいろの複合要因だが。)

今も7月くらいから近年にない忙しさで4時間睡眠もザラ、それが表に現れてきても不思議ではなかった。
もう若いと誇れるトシでもないし。

午前中に近所の内科に行き症状を訴えたが、風邪の診断でお腹の薬をくれた。
このお医者大丈夫かな、と思いつつ帰ってきた。

イチローの最多安打新記録もライブで見れたし(すごい男だ)、この土日は仕事は忘れて安静に、ひたすら寝ることにした。
幸いにも「病気でも働け」という会社ではない。

4年前のように、この休息が先のことを考える転機になりそうな気がする。

| | Comments (0)

Friday, September 03, 2004

追い込まれたときに

昨日は今の仕事の1回目の区切りの日だった。
(この後何回区切りが来るのかと思うとゾッとするが(笑))

夜になってまだ不十分なところばかり目につく自分がいた。
あそこもやってない、あっ、あそこも、あれはああすりゃ解決するけど、あそこはどうしよう…。
そんなことばかり駆けめぐって、手がつかなくなった。
一種のパニック。

これはいかんと気分を変えるためにシャワーを浴びた。
・・・・・
今まで性根据えてやってきて何を今更ジタバタしてる、朝まであと何時間もあるやないか。
そういう心境に何とか自分を連れて行けた。

それから1つ1つ解決していき、結局本当に朝までかかった。

追い込まれたときに本性が出るというが、ええ年して私はまだまだ本当に弱い。
昨日は何とか解決できたが、周りを騒がせてしまうこともよくある。
オリンピックの野球の選手達に対して何も言う資格はないのだ。

| | Comments (0)

Tuesday, August 31, 2004

突っ走ってます

今、近年になく働いている。
こんなに少々無理を通してやるのは、これが最後かもしれない。
最後にしたい。
会社的にも私が現場で突っ走るのはよくないのだが、非常事態ゆえ。

しかし基本的に好きな仕事なればこそ、続けられることだなあとつくづく思う。
そういう仕事に就けた自分は幸せ者かな。

ここんとこ、こういうことばかりで申し訳ありません。

8月が終わってしまった。

| | Comments (0)

Sunday, August 29, 2004

なんで今日やねん

前には進んでいますが、状況は変わっておりません。

なんと、今朝メインで使ってるパソコンが起動しなくなりました。
そう言えば昨日ちょっと動きがおかしかった。
たぶんハードディスクです。
幸いにも仕事データはバックアップを取っておいたので助かりましたが、プライベートなデータ一部紛失。
午前中かけてサブのパソコンの環境を整えて何とか再開できました。

それにしても、なんで今日やねん。

| | Comments (0)

Saturday, August 28, 2004

しゃれにならん

仕事でしゃれにならん状況の真っ只中にいます。
ここ数日は、このブログ、開店休業状態になります。
ちょっとでも毎日更新しますので、またのぞいてやって下さい。

| | Comments (0)

Tuesday, August 10, 2004

ストアドプロシージャの呼出し

今日は専門的なことを。

VBScriptからSQLServerのストアドプロシージャを呼び出す便利なサブルーチンを作った。

'----------------------------------------------
Sub execStored(adcn, adcm, adrs, storedName, pAry)
Dim i

Set adcm = Server.CreateObject("ADODB.Command")
Set adrs = Server.CreateObject("ADODB.Recordset")
Set adcm.ActiveConnection = adcn
adcm.CommandType = 4 'adCmdStoredProc
adcm.CommandText = storedName

For i = 0 To UBound(pAry)
adcm.Parameters(i + 1).Value = pAry(i)
Next

Set adrs = adcm.Execute
End Sub
'----------------------------------------------
呼び出す側は

Dim adcn, adcm, adrs, dsid
'adcnをDB接続しておいて
Call execStored(adcn, adcm, adrs, "spXXXXX", Array("s1", "", dsid))

等とすればパラメーターを一気に渡せてadrsにレコードセットが返る。
レコードセットでなく値を返すルーチンもこれを基に作れそうだ。


ストアドプロシージャは使えばよいことは知っていたが、どうもまどろっこしかった。
これでどんどん使えそう。
久々の決勝タイムリースリーベースくらい。
ストアドの呼び方、これが本流なのかわからないが、問題なく動いている。

| | Comments (0)

Sunday, August 08, 2004

元来はプログラマー

昨日からお仕事モード没頭中・・・。

久しぶりに根を詰めてプログラムのコーディングをしている。
コーディングのパターンみたいなものを作って、共通化をできるだけしておき、プログラマー君達にあとはお願いする、という手順。
いかにわかりやすく組むか…こういう仕事、嫌いではない。
やはり元来プログラマー向きなのだろう。

久々のWebアプリで、勘は戻ったのだが、HTMLタグ周りの細かい知識が思い出せず、ネットで調べたり、本を見たり。
記憶力が落ちたかな。
いや、本を見ればわかることは覚えておかなくてもいいと思う。
もっと有益なことに記憶は使えばいい。言い訳かな。

頭が疲れて時間が飛ぶように過ぎるが、物を作る達成感は、ある。

まだまだ先は長い。

| | Comments (0)

Friday, July 30, 2004

エクセルはえらい

夏風邪から復活(喉はまだ痛いのだが)して以来、マジメに仕事してる。当たり前だが。
システム設計関係の文書作り。

私は文書を作るなら専らエクセル(Excel)。
計算なんて全然しない。
なのにワードや一太郎ではなく、表計算ソフトのエクセルを使う。
こういう人、こういう会社は案外多いと思う。
前の会社でもエクセルだった。

表を作るにも罫線を引くにも直感的でわかりやすい、これが一番の理由だろうか。
はじめからマス目(セル)があるので、なんか入力しやすい。
行を追加したり、列を追加したり、列の幅を広くしたり、もう自由自在にできる。
もちろん計算もできる。
図も貼れる。色も変えられる。

エクセルは文字数が多くてセルに入り切らなくても、障害物がない限りセルからはみ出て表示してくれる。
これには「なるほどなあ~」と深く恐れ入ったものだ。
私は、ソフトを作る立場からすると、この発想は浮かんでこなかった。
まだまだ頭がカタイ。
この仕組みに馴染めない年輩の方には「どこに入力してあるねん!」と混乱するようだが、この機能なしではエクセルは成り立たない(と私は思う)。
既定の考えにとらわれてはいけない、発想を大切に、と教えてくれたソフトでもある。

私はマイクロソフト信奉者なのではありません。念のため。
また、ここで紹介した機能をエクセルがいち早く取り込んだかどうかも、定かではありません。

| | Comments (0)

Sunday, July 25, 2004

線引き

ここんとこRD-XS53にかかりきりだったので、今日は真面目にお仕事モード。
テレビは今見なくてもどんどん録画しといてくれるもんねー!なんせ320GB・・・って昨日貯め込むなと書いたばかりなのに。

あるプロジェクト、その成否ははウチの会社の命運をも決めかねないのだが(まだまだ小さい会社だから)、の全体スケジュールの線引きをしていた。
経験者ならわかってもらえると思うが、スケジュールの線引きは難しい。
まだ詳細な仕様まで詰めてない段階で(とりあえず?)引かなければならない。
それに基づいてその仕事に何人充てるか、バイトを何人探すか、いつまでに終えるか、等々決まってくるからだ。

この先どんな問題が出てくるか、バイト君達の力量は?、なんて考えていたら線なんて引けない。
これまでの経験値によるところが大きくなる。
そこにプラスαの遊びをさりげなく加味しておく。

と、偉そうに書いているが、私は線引きが苦手だ。
プログラム1本難易はあるが一律○日としよう、と見積もってエクセルで機械的に線を引いていて、疑心暗鬼に陥りそうになった。
自分のスケジュール管理も半人前なのに、よくこんなことしてるなあ、とね。

でも、このお仕事は成功させなくてはならない。
じゃないとお給料が上がらない。
私の引退時期とも関わってくるしなあ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧