« FoaK 名古屋04.11.2-2nd(その2) | Main | FoaK 名古屋04.11.2-2nd(その4) »

Monday, November 15, 2004

FoaK 名古屋04.11.2-2nd(その3)

6.SLOW EMOTION

 ピアノソロは1stと何かが違う。
 左手のポンポンポンポン~のリズムがないように感じたが、自信はない。

 エンディングはサックス、ピアノ、シンバルだけになって次第にフェイドアウト。

7.UPWARD MOBILITY

 ピアノのみでクラシックのような演奏が流れるように弾かれる。
 場内の水を打ったような静けさがクローズアップされる。

 一拍あってサックスがそれを突き破る。
 この曲の始まりだ。

 ピアノのソロを支える力強いドラムのリズムが耳に飛び込んでくる。
 小刻みに低音から高音へと走るピアノ。

 サックスのソロもドラムのビートにのって気持ちよさそう。
 ピアノは1音ずつはっきりとした音。
 SALTさんは汗を拭う。
 サックスのサビが繰り返されるたびにピアノもドラムもベースも強くなる。

 そしてサックスとピアノのかけ合い。
 永遠に続くのかと思わせるほどの盛り上がり。
 最後もキマッて場内は大拍手に包まれる。
 SALTさんも笑顔で退場、でも全力を出しきったせいなのか疲れの色がちょっと感じられた。

(つづく)

|

« FoaK 名古屋04.11.2-2nd(その2) | Main | FoaK 名古屋04.11.2-2nd(その4) »

Comments

The comments to this entry are closed.